マーケティングオートメーションの基本情報

マーケティングオートメーションの取り組みに関心があるときは、まずは基礎知識を学んでどんサービスなのかを知っておきましょう。ここでは、マーケティングオートメーションについて理解できるように、基本情報をたっぷりとお伝えします。

マーケティングオートメーション活用のコツ

近年注目が集まるマーケティングオートメーションのサービス。関心をもっている事業主の方も多いのではないでしょうか。こちらでは、マーケティングオートメーションはどのような活用ができるのか、業務効率を上げる導入のヒントをご紹介していきます。

リードジェネレーションの活用ポイント

マーケティングオートメーションの中にも色々な項目がありますが、欠かせない項目の一つにリードジェネレーションがあります。リードジェネレーションとは、ネット上や現実世界での見込み顧客を発掘するための活…

リードナーチャリングでの活用のコツ

リードナーチャリングでは、ターゲットの行動や興味を持っているものを可視化することが可能です。その一つの方法として、リターゲティング広告があり、ターゲットのニーズがはっきりと分かるのでアプローチが容…

リードクオリフィケーションでの活用術

顧客の絞り込みをするリードクオリフィケーション

マーケティングオートメーションを効果的に活用するためには、リードクオリフィケーションでの活用術も重要なポイントです。リードクオリフィケーションとはマーケティングを構成する要素の一つで、顧客になってくれそうな人を絞り込む作業のことです。マーケティングオートメーションによって見つけた将来の見込み客の中から、さらに厳選して顧客候補を選び出すことで、より効率的な営業活動が可能になります。リードクオリフィケーションのためにマーケティングオートメーションを活用するための具体的な方法としてあげられるのが、顧客情報をデータベースに登録する作業です。データ化された顧客情報を細かく分析することで、絞り込みの作業を進めやすくなります。

データベースを作るための情報収集

リードクオリフィケーションのために顧客情報をデータ化する場合には、顧客と積極的にコミュニケーションを取ることも重要なポイントです。顧客と電話やメールでやり取りをすることにより、商品販売のために必要な各種の情報が入手できる場合も多く、それらの情報をデータとして活用することにより、顧客の絞り込みをより正確に実行できます。見込み客とコミュニケーションを図るきっかけとなるのが、商品に関する問い合わせを相手がしてきた時です。問い合わせをするような見込み客は商品に対する強い関心を持っている場合も多いので、将来顧客となってくれる可能性が高いため、多くのコミュニケーションを取った方が、営業活動においては何かと有利です。このようにして収集した情報をマーケティングオートメーションによりデータ化することで、社内全体で顧客情報を共有できます。